普段からのケアが大切|アトピー肌用の石鹸で肌に刺激を与えない

レディ

若々しい肌作りのために

化粧水

必要な効果とは

若々しい肌を維持するためにはシミがあってはいけませんし、シワやたるみも改善したいところです。アンチエイジング対策において多くの人に利用されている成分はビタミンc誘導体であり、化粧品の種類によって水溶性のものや油溶性のもの、そのどちらの性質も持つものに分かれます。シミ対策では水溶性の化粧水や美容液タイプが人気です。肌馴染みが良く、皮膚に浸透した後はメラニンの生成を抑えたり既に作られているメラニンの排出を促します。シワやたるみを改善したい時には、クリームタイプの化粧品に含まれていることの多い油溶性が活躍します。化粧水とセットで利用しても良いのですが、ピンポイントのケアでは美容液を使うのが一般的です。

使い方で覚えておきたい事

ビタミンc誘導体の化粧品を利用する場合、覚えておかなければならないことがいくつかあります。肌の潤いを保つには水分と油分の両方が必要であり、隅々まで届けようと思うなら水溶性と油溶性の両方を利用しなければなりません。両方を兼ね備えていれば浸透率は良いですし、表皮と角質層のどちらもケアすることが可能です。また、同じビタミンc誘導体であっても、高浸透と記されているものは肌の奥深くまで届かせることができます。肌を引き締めたりハリを取り戻すには高浸透の化粧品を選ぶことが大切です。一緒に含まれているビタミンc誘導体以外の成分も重要であり、ハリや弾力を与えるEGFや毛穴の開きを改善するフルーツ酸は効果的です。